私の実家では黒毛和牛を育てています
私の実家では黒毛和牛を育てています
私の実家では黒毛和牛を育てています。今は実家を離れてしばらく経ち、仕事の多忙さからそれほど帰省も行っていませんが、たまに高級な牛肉を見るとあの牛たちがいる風景を思い出してしまうことがあります。

秋田の物産総合情報サイト NEMARE

ただの牛飼い農家であってもその牛に掛ける情熱は素晴らしいものがありますが、黒毛和牛を育てている実家は一般の牛を飼っている農家に比べてさらに情熱をかけて飼育を行っていると胸を張って言うことができます。なにせ黒毛和牛というのは日本における牛肉の最高峰と言ってもいいほどで、黒毛和牛以上に美味しいとされる牛は存在していないと言ってもいいほどです。それだけの牛を育てているわけですから、情熱なしには行えませんし、その飼育方法にも様々な気配りが行われていました。

黒毛和牛

黒毛和牛などの高級牛になれば、まず化学飼料を食べさせることがありません。基本的に穀物などの有機飼料が主食になります。有機飼料というのは基本的に農薬が使用されていないトウモロコシや稲の藁などが代表的なものです。有機栽培の野菜が比較的高価であることから分かるように、牛が食べるこの有機飼料も化学飼料に比べて管理が難しいことから高価なんですよね。ですから、実家においてもこの有機飼料については大きなコストになることを承知で取り入れているのです。黒毛和牛をより良く育てるためにはこれら飼料の面だけでは無く、牛そのものにストレスを与えない環境づくりも必要となってきますから、その自由度が高い生育環境を提供することにも実家の両親は努力していました。

愛媛県庁/愛媛ブランド牛

これだけの手間暇をかけて、最高級である黒毛和牛を育てていると考えると、実家の両親はすごいなと我ながら思ってしまいます。