ネガティブ思考は脳の働きを鈍くする?
ネガティブ思考は脳の働きを鈍くする?
常にネガティブな思考を行っている人は、どんどんと幸せが逃げていくということが世間一般では言われています。その理由としては、ネガティブ思考が心の豊かさや運気を減退させてしまう他、ネガティブ思考によって脳の働きも鈍くすると考えられているからです。

眠気、ストレスが簡単にとれる! 幸せ物質「セロトニン」の増やし方(1/3) - ハピママ*

ネガティブ思考が脳の働きを鈍くしてしまう背景には幾つかの原因があります。その原因の1つとして考えられているのが、脳内伝達物質の現象が挙げられるでしょう。ポジティブ思考を行う時や脳が活性化している時であれば、脳内ではセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が盛んに分泌されています。しかし、ネガティブ思考を行ってしまうと身体が反射的にアドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンを分泌するようになってしまい、脳を活性化する働きを持っていたホルモンの分泌を抑制してしまいます。このことから、どんどんと脳は働きが鈍くなっていくのです。

脳 サプリメント

また、脳の働きと人間の心は密接に関わっていますので、脳内伝達物質の分泌に変化が起こることによってさらに心から活気が奪われてしまい、余計にネガティブ思考に陥るという悪循環を作り出してしまいます。それゆえに、一旦ネガティブ思考が慢性化してしまうと、脳の働きは急下降をするようにその動作が遅くなることが知られているのです。

おもいっきりテレビ・奇跡のホルモン アディポネクチン - YouTube

スポーツ選手など脳の働きをフル回転させている人達は、決まってポジティブ思考の人が多いものです。その理由の1つには、ネガティブ思考になってしまうとどうしても脳の働きが鈍くなってしまい、パフォーマンスに支障をきたすことが考えられます。このことからも、ネガティブ思考が脳の働きを鈍くさせることが証明できるでしょう。